MENU

香川ファイブアローズ

KAGAWA FIVE
ARROWS

MENU
NEWS

NEWS

HOME > ニュース > 【ホームタウン活動】スポーツで香川を元気にし隊 第3弾・レクザムフィールド(屋島競技場)編

【ホームタウン活動】スポーツで香川を元気にし隊 第3弾・レクザムフィールド(屋島競技場)編

いつも香川ファイブアローズを応援いただき、誠にありがとうございます。

香川ファイブアローズでは、「スポーツで香川を元気にし隊」事業の一環として、高松市の魅力をPRするため担当選手が観光地等の施設訪問を行い、香川ファイブアローズ公式SNSを通じて魅力発信、観光PRを行っています。

「スポーツで香川を元気にし隊」事業については、こちらをご確認ください。
 
第3弾は#15 谷口光貴選手と#93 上良潤起選手が、高松市の屋島にあります「屋島レクザムフィールド(高松市屋島競技場)」に行ってきました!

屋島レクザムフィールドは1953年(昭和28年)に「香川県立屋島陸上競技場」の名称で開場されました。老朽化に伴い、2012年から改築工事を行い、2017年にコンパクトで多機能な陸上競技場として再整備されました!
2019年には、建築・デザインとして質が高いことに加え、利用者、管理者にとって安全で快適で使い勝手が良く、建築物と提供サービスが調和しており、他の施設の先進事例に値する施設に送られる「第2回スポーツファシリティーズ大賞 長官賞(施設計画部門)」を受賞されたそうです!
そんな「屋島レクザムフィールド」を今回は紹介します!!




まず向かったのは、各種陸上競技やサッカー・ラグビーにも使用される「メインフィールド」に!
全天候舗装1周400m×8レーン(メインスタンド直線部分9レーン)のトラックが整備されており、日本陸上競技連盟による「第2種公認陸上競技場」に認定されています。
学生・社会人による競技大会や、市内学校の体育祭にも使用されております。近年では、パラリンピック競技の全国・世界大会の開催や、パラリンピック選手の合宿にも使用されているそうです!!




次に向かったのは、全国で初となる棒高跳の公認競技が可能な「室内競技場」に! 棒高跳競技部分は上部吹き抜けで、天井の高さを10m以上確保しており、子供から大人まで多くの競技者の皆様が利用されています。 また、400mトラックと同じ曲率の曲走路(150m程度)や、走幅跳・三段跳走路等を設けており、非常に幅広いトレーニングができるようになっております。




最後に向かったのは、ウォーキング、ジョギング等でも使用できる2階コンコースに!
1周650mのほどのジョギングコースとなっており、周回することでメインスタンド前の相引川の親水空間、屋島への眺望、主競技場、サブフィールドを見渡すことができます!
※大会開催日など、利用できない日もあります。詳しくは公式HPのスケジュールをご確認ください。




今回紹介した箇所以外にも、サブフィールド、トレーニングルーム、会議室等の施設があります。 詳細はホームページをご覧ください!! 


今後も香川ファイブアローズは地元香川県・高松市を元気にするため情報発信を行います!
次は11月末頃に情報発信を予定しております!ご注目ください!
 

RELATED

関連ニュース

メインパートナー

ダイヤモンドパートナー

プラチナパートナー

ゴールドパートナー

シルバーパートナー

オフィシャルサプライヤー

コンディショニングパートナー

チームウェアパートナー

メディアパートナー

U15・U18・アカデミースポンサー