MENU

香川ファイブアローズ

KAGAWA FIVE
ARROWS

MENU
NEWS

NEWS

HOME > ニュース > 【試合結果】11月9日(土)AWAY vs 山形ワイヴァンズ 第1戦

【試合結果】11月9日(土)AWAY vs 山形ワイヴァンズ 第1戦

いつも香川ファイブアローズへの熱い声援、誠にありがとうございます。



11月9日(土)に山形県総合運動公園にて行われました、B.LEAGUE 2019-20シーズン 第9節 AWAY vs 山形ワイヴァンズ 第1戦の試合結果をお知らせ致します。

【試合日】 11月9日(土)TIP-OFF 18:00

【試合会場】 山形県総合運動公園

【観客数】 1,534名

【試合結果】

   山形ワイヴァンズ      香川ファイブアローズ 
1Q 21 19
2Q 19 23
3Q 23 22
4Q 23 31
Total 86 95



【スターティング5】
山形:#1 中島 良史 選手

   #2 トリアン・グラム 選手
   #21 赤土 裕典 選手
   #37 河野 誠司 選手
   #41 スティーブン・ハート 選手

香川:#7 筑波 拓朗 選手 
   #14 高比良 寛治 選手
   #30 テレンス・ウッドベリー 選手
   #34 兒玉 貴通 選手
   #42 ケビン・コッツァー 選手


【スタッツ】 
チーム         山形 - 香川
リバウンド       31 - 40
TO               7 - 12
アシスト              22 - 29
3PFG%    33.3% - 33.3%
2PFG%    55.1% - 71.8%
FT%    100.0% - 62.5%

得点 山形ワイヴァンズ

#2   トリアン・グラム 22pts
#6     岩田 涼太 15pts
#41 スティーブン・ハート 27pts

  

香川ファイブアローズ

#7   筑波 拓朗 14pts
#14 高比良 寛治 11pts
#30 テレンス・ウッドベリー 36pts
#42 ケビン・コッツァー 18pts

リバウンド

山形ワイヴァンズ

#2   トリアン・グラム 6リバウンド
#41 スティーブン・ハート 15リバウンド

  香川ファイブアローズ

#30 テレンス・ウッドベリー 9リバウンド
#42 ケビン・コッツァー 17リバウンド

アシスト 山形ワイヴァンズ

#2     トリアン・グラム 5アシスト
#37 河野 誠司 9アシスト    

 

      
香川ファイブアローズ

#14 高比良 寛治 4アシスト
#30 テレンス・ウッドベリー 5アシスト
#34 兒玉 貴通 11アシスト
#42   ケビン・コッツァー 5アシスト

【Box Score_20191109_山形vs香川】



【石川ACコメント】

今日の試合の入りとしてディフェンスがちょっとソフトな部分があり、なかなかリズムが掴めない中、前半が終わってしまって後半そこを修正しようとハードにディフェンスを行った結果こうやって粘り勝つことができたのかなと思っています。40分間通して自分たちのバスケットをもっと突き詰めていかないといけないと思いましたし、もったいないミスが命取りになるので明日40分間いいゲームをして、連勝して帰りたいと思います。

Q:ハーフタイムで切り替えられた部分、山形のディフェンスに対してこういうところで切り替えたということと、第4Qが最終的にポイントになったと思いますが、そこをものにできた理由をお願いいたします。
石川AC:ディフェンスのハードさだったり、自分たちのプランを遂行するということをハーフタイムに伝えて、あとは前半で山形さんはずっとゾーンディフェンスをしていて、それに対して上手く攻めることができていたのでそれをしっかり続けていけば大丈夫だよということで、最後は山形さんがゾーンをできない状態に作れたので、そこは勝利の大きなポイントだったと思います。

Q:ゾーンができない状態という具体的な要因というのはどのことをさしていらっしゃいますか?
石川AC:ゾーンというのはマッチアップができないので、ディフェンスを崩してシュートを決めることができたので向こうはゾーンができなくなったのかなと思っています。

Q
:先ほど後半戦の話がありましたが、前半戦とても接戦になった要因を教えていただけますか?
石川AC:やっぱり自分たちがソフトな部分が多かったというのはあります。パーフェクトに遂行できなかった、それはオフェンスもディフェンスもですが、やはりディフェンスですね。ディフェンスのほうが自分たちのやりたいことをソフトにやってしまったというのが大きな要因だったと思います。

Q
:特に前半ですが、2人の外国籍選手のところの得点が伸び悩んでいて、そこもやっぱりディフェンスのソフトな部分ということに繋がってきているのでしょうか?
石川AC:もちろん外国籍選手が点を取るのは大事ですが、僕たちのチームは日本人選手も点を取れるので、そこはあまり気にしていなかったですね。



石川ACと藤岡選手の古巣・山形との第1戦は見事勝利することができました!
明日も勝って連勝で香川に帰って来たいと思います。
第2戦も応援よろしくお願いいたします!!

 

 

メインパートナー

プラチナスポンサー

ゴールドスポンサー

シルバースポンサー

ゲームスポンサー

オフィシャルサプライヤー

コンディショニング・パートナー