MENU

香川ファイブアローズ

KAGAWA FIVE
ARROWS

MENU
NEWS

NEWS

HOME > ニュース > 【試合結果】4月6日(土)香川県魅力体験DAY HOME vs バンビシャス奈良 第1戦

【試合結果】4月6日(土)香川県魅力体験DAY HOME vs バンビシャス奈良 第1戦

いつも香川ファイブアローズへの温かいご支援・ご声援、誠にありがとうございます。
 

4月6日(土)に観音寺市立総合体育館にて行われました、B.LEAGUE 2018-19シーズン 第30節 香川県魅力体験DAY HOME 香川ファイブアローズ vs バンビシャス奈良 第1戦の試合結果をお知らせ致します。

【試合日】 4月6日(土)TIP-OFF 19:00

【試合会場】 観音寺市立総合体育館

【観客数】 709名

 

【試合結果】

  香川ファイブアローズ    バンビシャス奈良
1Q 12 14
2Q 18 16
3Q 20 15
4Q 21 18
Total 71 63

 

【スターティング5】

香川:#0 大澤 歩 選手 #2 レジナルド・ウォーレン 選手 #6 藤岡 昂希 選手 #12 エリック・トンプソン 選手 #88 木村 啓太郎 選手

奈良:#2 ゲイリー・ハミルトン 選手 #4 ジェフリー・パーマー 選手 #13 小松 秀平 選手 #23 横江 豊選手 #24 本多 純平 選手

 

【スタッツ】

 
得点 香川ファイブアローズ

#0   大澤 歩 11pts
#2   レジナルド・ウォーレン 11pts
#12 エリック・トンプソン 18pts

  

バンビシャス奈良

#4   ジェフリー・パーマー 15pts
#23 横江 豊 17pts

#24 本多 純平 12pts

リバウンド 香川ファイブアローズ

#2   レジナルド・ウォーレン 17リバウンド
#12 エリック・トンプソン 18リバウンド

  バンビシャス奈良

#2   ゲイリー・ハミルトン 11リバウンド
#4   ジェフリー・パーマー 11リバウンド

アシスト 香川ファイブアローズ

#12 エリック・トンプソン 5アシスト      

 

バンビシャス奈良

#2     ゲイリー・ハミルトン 6アシスト
#4     ジェフリー・パーマー 5アシスト     

 

【試合戦評】

■第1Q 香川12-14奈良
奈良 #2ハミルトン に先制を許すと、#2エリック が返すが、TOから走られブレイク、ミドルと連続得点を許す。香川の #0大澤、奈良の #13小松 が互いに3Pを決め合うと、#2レジー が2ファウル目を取られるが、#2エリック の連続得点で追いつき第1Q終了。

■第2Q 香川30-30奈良
出だし互いに最初の得点が決まらない時間が続く。香川の #41高田 が3Pで均衡を破ると、そこからは変わって点の決め合いに。香川はミドルや #12エリック のバスカンで点を奪うが、奈良のブレイクや早いパス回しに追いつけず同点に返されて前半終了。

第3Q 香川50-45奈良
#2レジー の得点先制するが、選手の接触から返され、連続得点でリードを許す。香川もリバウンドから #14高比良 が3Pをねじ込み、#17石川 のミドルで再びリードを奪うと、続けてDFリバウンドから良い攻撃を展開し5点リードとすると、その後は互いに決まらず、最終Qへ。

■第4Q 香川71-63奈良
奈良 #24本多 に先制されるが、リバウンドから #88木村 の3Pで返すと、奈良の連続得点から追いつかれそうになるも、これをDFで跳ね除け香川のバスケットに持ち込む。#17石川 のスティールから #12エリック の得点で10点差とすると、終盤連続3Pを許すも最後まで守りきり勝利!


【HCコメント】
香川
衛藤HC
「点差以上に厳しい戦いだったなと思っています。大分奈良に助けてもらった試合でした。ターンオーバーから失点11点とファーストブレイクから14点、またペイントで40失点とウチがやりたかったことを奈良にされてしまったので、決して満足してはいけないですし満足出来ない試合内容でした。ただ、勝てたということは凄く重要なことだと思っています。改善すべきことはたくさんありますので、明日気持ち切り替えて、選手も口々に明日、明日と言っているように、明日に向けて準備したいと思います。
 試合序盤のアウトサイドシュートが決まらなかったことについて、奈良もウチの選手を良く知っていて、外は捨てて来ると分かっていましたので、空いてたらどんどん打とうということは言っていました。それがもう少し入っていればもっと良いリズムで入れたかもしれないですが、入らなかったので相手にやっぱりこれで行けると思わせてしまった。堀川を入れて何とかバスケットが戻って来れた。1Q何とか2点ビハインド、それも本当は追いついて終われたシチュエーションをターンオーバー失点してしまいましたが、あの入り方で先週同様決めるべきシュートだったとは思います。
 奈良に助けられた部分としてはフリースローだと思います。ウチが決められたらタイムアウトかというタイミングでことごとく外してくれましたので、助けられました。
 今日のディフェンスの良かった点としては、方法論では無く交代して入った選手がディフェンスから入ってくれたこと。高比良が相手の本多君に決められたら代わって入った藤岡がしっかりディフェンスしてくれましたし、木村が上手く機能しなかったところを石川がフォローしてくれたりとディフェンスから入ってくれたのは大きいと思います。
 4Qをパーマー選手が出ないと分かった時点でチームにはオフェンスは良いからディフェンスを頑張れと伝えました。ただディフェンスは頑張ってましたがターンオーバーから失点していましたので明日変えないといけないです。
 高田の貢献もかなり大きかったです。彼にとっては外国人にトラブルがあってからの起用なのでフラストレーションの溜まる起用ということは分かっている中で、その役回りをしっかりこなしてくれたということには凄く感謝しています。」

奈良
石橋アソシエイトヘッドコーチ
「後半要所で相手のエリック・トンプソン選手のリバウンドとアウトサイドを止めれなかったのと、ウチが入らなかったので、63点しか取れない試合になってしまいました。
 ここ最近はアウトサイドが当たってきていましたが、ただアウトサイドなのでこういう日もあるかと思いますし、大事なゲームだったのでもう少し2点の方にフォーカスすれば良かったかなと思います。
 我々はプロ選手なので、色々なものがかかっているので順位がどうあれモチベーションが下がったりすることは無いです。ブースターの方も観に来られていますので。」


  
 

 

 

 

 

 

終盤戦、大事な大事な奈良との試合の第1戦を厳しい展開ながらも最後はDFで相手を振り切り見事勝利を収めることが出来ました。

今シーズン序盤で2連敗してしまったここ観音寺の会場で皆さんに勝利を届けることが出来てよかったです!

応援していただいた皆様、大変ありがとうございました!

本日も奈良との戦いです。
絶対2連勝しなければなりません。

皆さんももう一度会場で一緒に戦ってください!

ご来場お待ちしております!!
 

メインパートナー

プラチナスポンサー

ゴールドスポンサー

シルバースポンサー

ゲームスポンサー

オフィシャルサプライヤー