MENU

香川ファイブアローズ

KAGAWA FIVE
ARROWS

MENU
NEWS

NEWS

HOME > ニュース > 【試合結果】1月19日(土)株式会社レクザム presents HOME vs 愛媛オレンジバイキングス 第2戦

【試合結果】1月19日(土)株式会社レクザム presents HOME vs 愛媛オレンジバイキングス 第2戦

いつも香川ファイブアローズへの温かいご支援・ご声援、誠にありがとうございます。
 

1月19日(土)に高松市総合体育館にて行われました、B.LEAGUE 2018-19シーズン 株式会社レクザム presents HOME 香川ファイブアローズ vs 愛媛オレンジバイキングス 第2戦の試合結果をお知らせ致します。

【試合日】 1月19日(土)TIP-OFF 18:00

【試合会場】 高松市総合体育館

 

【試合結果】

  香川ファイブアローズ    愛媛オレンジバイキングス
1Q 20 21
2Q 14 18
3Q 21 21
4Q 19 23
Total 74 83

 

【スターティング5】

香川:#2 レジナルド・ウォーレン 選手 #6 藤岡 昂希 選手 #7 堀川 竜一 選手 #30 テレンス ウッドベリー 選手 #88 木村 啓太郎 選手

愛媛:#0 楯 昌宗 選手 #2 堤 啓史朗 選手 #3 コーリー・ジョンソン 選手 #10 アンドリュー・フィッツジェラルド 選手 #16 笠原 太志 選手

 

【スタッツ】

 
得点 香川ファイブアローズ

#2   レジナルド・ウォーレン 16pts
#30 テレンス・ウッドベリー 30pts
#88 木村 啓太郎 13pts

  

愛媛オレンジバイキングス

#3   コーリー・ジョンソン 24pts

#10 アンドリュー・フィッツジェラルド 15pts
#16 笠原 太志 11pts
#32 高畠 佳介 14pts

リバウンド 香川ファイブアローズ

#2 レジナルド・ウォーレン 18リバウンド

#30 テレンス・ウッドベリー 12リバウンド

  愛媛オレンジバイキングス

#3  コーリー・ジョンソン 16リバウンド
#10  アンドリュー・フィッツジェラルド 7リバウンド

アシスト 香川ファイブアローズ

#30 テレンス・ウッドベリー 6アシスト
#88  木村 啓太郎 6アシスト      

 

愛媛オレンジバイキングス

#10  アンドリュー・フィッツジェラルド 4アシスト
#16  笠原 太志 7アシスト
#32 高畠 佳介 4アシスト     

 

【試合戦票】

■第1Q 香川20-21愛媛
#2レジー のゴール下で先制。愛媛に返されるが、#88木村、#2レジー の連続3Pなどでリードを奪う。しかし中盤愛媛を3Pから波に乗せてしまうと一気に点差を詰められ、#3ジョンソン の連続3Pで逆転される。その後もお互いに決め合う1点リードの奪い合いのまま第1Q終了。

■第2Q終了 香川34-39愛媛
#30ウッド が先制する。その後は両者タフDFからブレイクに繋げるなど、互角の展開。愛媛の連続得点も #88木村、#30ウッド できっちり逆転し、#2レジー も続くが、#32高畠 にバスカンで返される。シーソーゲームが続くが、愛媛 #8加藤 の連続コーナー3Pでリードされ前半終了。
 

第3Q終了 香川55-60愛媛
愛媛のミドルで先制されるが、#88木村 が3Pで返す。#41高田 もミドルで続くが、パスミスからブレイクで返される。その後も決めても返される苦しい展開が続く。終盤激しいDFから #30ウッド、#2レジー を中心に猛追撃を見せるが、最後もミスからブレイクに繋がれ最終Qへ。

■第4Q終了 香川74-83愛媛
パスワークから #41高田 が決めるが、選手の交錯から愛媛のブレイクに対するファウルがアンスポと宣告され、再び愛媛を乗せてしまう。諦めない香川は #0大澤 の3Pからもう一度反撃するも、愛媛の #3ジョンソン、#32高畠 にプレッシャーを掻い潜られ追いつけないまま試合終了。


【HCコメント】
香川
衛藤HC
「苦しいですね。昨日の敗戦を受けて、DFを固めないといけないということでDFのラインナップを中心に組んでゲームに臨みました。チームDF自体、ハーフコートでは良かったと思いますが、この大型連敗中の課題でもあるターンオーバーからの失点がすごくもったいなく敗戦になってしまったと思います。ターンオーバーしてしまうと5対5で守れなくなり、DFが組めず簡単に失点してしまう。逆にターンオーバーで終わらなければしっかり守れていたと思いますので、そこを来週を改善していかないと先は無いかなと思います。
 八王子の連勝で調子を上げてきている中でリーグ全体の勝敗数も考慮しなくてはならない状況で、本来であればそういったところも含めて計画的に行かなくてはいけないんだと思いますが、今の時点ではこの6戦をしっかり取るというところだけを見ていますので、他所がというより、考えていないのが正直なところです。この愛媛の2戦、青森、そして東京。この6戦にチームとしては集中していました。いきなり2つ落としてしまった結果になりましたが、他所チームとの皮算用に関しては分かりかねます。
 大橋選手にはボールをプッシュする力があるので、彼がアタックしていくと、彼独特のリズムがあり、このチームにエッセンスが加わると分かっていましたので、パスばかりを探さずに、自分でアタックして良いと伝えました。それをこれからもどんどん出していって欲しいと思います。」

愛媛
グレスマンHC
「昨日ほどのレベルではプレイ出来てはいなかったが、全体的に個々の選手が責任を持って十分な働きもしてくれたし、チームでのプレイもしっかりしてくれたことで勝つこと出来た。試合の途中でも香川さんにゲームが転んでもおかしくないような展開もありましたが、選手が戦い続けてくれたことで良い結果で終えることが出来たと思います。」



  
 

    

 

 

 



前日の敗戦を受けて、負けられない四国ダービー4戦目でしたが、ほとんどの時間互いに譲らない試合展開となりましたが、要所で自分達のミスや相手を乗せてしまう時間があり、土俵際最後は愛媛に寄りきられてしまいました。

次は1ゲーム差で1つ上の順位にいる青森ワッツ戦となります。
絶対に負けは許されない試合です。

皆さんもう一度チームと一緒に戦って下さい!!

今週も続けてHOME高松市総合体育館での開催となります。

試合会場での応援を何卒お願いいたします!!


 

メインパートナー

プラチナスポンサー

ゴールドスポンサー

シルバースポンサー

ゲームスポンサー

オフィシャルサプライヤー