MENU

KAGAWA FIVE ARROWS

MENU

NEWS

HOME>ニュース>GAME>【試合結果】4月22日(土)AWAY広島ドラゴンフライズ第1戦

【試合結果】4月22日(土)AWAY広島ドラゴンフライズ第1戦

いつも香川ファイブアローズへの温かいご支援・ご声援、誠にありがとうございます。

 

4月22日(土)広島サンプラザホールで行われたAWAY広島ドラゴンフライズ第1戦の試合結果です。

 

 

【BOX SCORE】

広島(HIROSHIMA)89 – 81 香川(KAGAWA)

第1Q 23 - 20

第2Q 18 - 22

第3Q 26 - 22

第4Q 22 - 17

 

 

【スターティング5】

広島:#2朝山選手、#5山田選手、#18鵤選手、#21ラマート選手、#24田中選手

 

香川:#5溝口選手、#11タプスコット選手、#15坂東選手、#19徳永選手、#41高田選手

 

 

【主な活躍選手スタッツ】

広島

#0 エンダイ選手 7得点7リバウンド2ブロックショット

#2朝山選手 18得点

#5山田選手 7アシスト

#11北川選手 10得点

#18鵤選手 11得点2スティール

#21ラマート選手 19得点8リバウンド

#24田中選手 10得点

 

香川

#11タプスコット選手 31得点13リバウンド2スティール

#13近選手 15得点

#14フォーブス選手 9リバウンド

#15坂東選手 13得点3スティール

 

 

【入場者数】3070名

 

 

【試合戦評】

■第1Q 23 – 20

最初の得点は広島#2朝山選手のレイアップから。続けて#21ラマート選手のミドルシュートで連続得点を奪われる。香川も#11タプスコット選手がドリブルで持ち込み初得点。再び香川は#11タプスコット選手のドライブで追加点をあげるとプレスディフェンスをしかける。続いて広島が香川のゾーンをうまく攻め込むもイージーシュートを次々と落として難を逃れると再び#11タプスコット選手の得点で逆転する。しかしすぐに広島の#21ラマート選手のインサイド、そして#18鵤選手のレイアップで再び広島にリードを奪われる。お互いに点の入れあいとなるも、広島の#2朝山選手の3Pが決まると、そこから香川はミスが重なり、広島に連続得点を許し8点差をつけられてしまう。香川も#11タプスコット選手がスピードのミスマッチをついて得点を返すも、広島#0エンダイ選手にバスケットカウントを取られさらに広島がリードを広げる。しかし香川も#15坂東選手の3Pを沈めると、続いてスティールからファストブレイクに繋げ#32ウィリアムス選手のリバウンドシュートで差を詰める。最後は残り1.7秒で香川#13近選手がロングスリーをねじ込み広島の3点リードで第1Q終了。

 

■第2Q 41 – 42 (18 - 22)

最初の得点は香川#14フォーブス選手がオフェンスリバウンドからダンクに持ち込み香川が先制。香川はこのクォーターも最初からゾーンプレスをしかけるとスティールから#11タプスコット選手が持ち込み、ファウルをもらいフリースローで同点に追いつく。次の広島のオフェンスも#14フォーブス選手がブロックショットで攻撃を阻むもこれは惜しくも得点には繋がらない。その後お互いに2ポゼッションオフェンスが成功せず、同点のまま時間が流れるが、香川は#15坂東選手が3Pでファウルをもらうとこれを2本決め、香川が再び逆転に成功する。続く広島のオフェンスも香川はゾーンディフェンスで2本続けて止めると#13近選手の3P、そして#15坂東選手のミドルシュートで香川が6点リードとする。ここで広島はたまらずタイムアウト。タイムアウト明けも香川はゾーンで広島を上手く攻めさせず得点を阻むと、リバウンドからファストブレイクに持ち込むがここは#11タプスコット選手のドライブがオフェンスファウルと判定され得点には繋がらない。オフィシャルタイムアウトを挟み、広島は#2朝山選手の3Pで久しぶりに得点するも、香川も#14フォーブス選手のミドルシュート、#11タプスコット選手のフリースローで追いつかせない。その後も香川はゾーンディフェンスで広島のオフェンスのリズムを崩し続け、フリースロー2得点のみとすると、#13近選手のミドルシュートで9点差と更にリードを広げる。しかし終盤広島に#21ラマート選手のリバウンドショット、#0エンダイ選手と#24田中選手のフリースロー4本で2点差と差を詰められると、タイムアウトから#13近選手がレイアップを決めて4点リードするも、続く広島のオフェンスで#18鵤選手のシュートに対し#14フォーブス選手のチェックがゴールテンディングと判定されたことにHCが猛抗議でテクニカルファウルを取られ広島に1点差とされて前半終了。

 

■第3Q 67 - 64(26 - 22)

後半最初の得点は広島にセットオフェンスから#2朝山選手にロング2を決められ逆転からスタート。しかし香川も#19徳永選手がドリブルからレイアップに持ち込み得点を返すと、続くディフェンスで相手の攻撃を止めるとそのオフェンスで#15坂東選手が3Pを沈め、再び香川がリードする。それでも再び広島の#24田中選手に3Pを決められるとオフェンスを2回続けて止められ#5山田選手のレイアップ、そして#2朝山選手のレイアップで5点差とされる。香川はここで後半1回目のタイムアウトを取り立て直しを図ると、#19徳永選手が3Pを沈め、更に続くディフェンスもスティールからファストブレイクに繋ぎ、#11タプスコット選手のリバウンドショットで同点に追いつく。更に続けて広島#5山田選手のゴール下のシュートを#11タプスコット選手がブロックで阻むとこれを再びファストブレイクに繋げ#5溝口選手のレイアップで香川が再逆転。広島の#21ラマート選手のバスケットカウントで1点差に追いつかれるが、ここも#13近選手の3Pでリードを奪い返す。その後も広島の連続得点も#19徳永選手が3Pを決め、広島#2朝山選手の連続得点も香川#13近選手が巧みなターンアラウンドシュートと#15坂東選手のドライブでお互いに点を奪い合う互角の戦いが続く。広島#18鵤選手のレイアップを決められ広島が3点リードで最終Qへ。

 

  • 第4Q 89 - 81(22 - 17)

最終Q最初の得点は香川の#11タプスコット選手のフリースローで香川が先制する。続く広島のオフェンスもリバウンドをしっかりと守ると、#11タプスコット選手がバスケットカウントを奪い香川が再逆転に成功する。広島の#24田中選手に3Pを決められるが、香川もその後のオフェンスでしっかり得点を返し互角の戦いを続ける両チーム。しかし広島#11北川選手に3Pを決められると、もう一度同じく広島#11北川選手にコーナーから3Pを決められリードを奪われてしまう。香川はその後もオフェンスを上手く組み立てられず、広島に再三早いオフェンスから得点を奪われそうになるが、ここは広島のシュートが入らず何とか踏みとどまる。それでも#21ラマート選手のスクープショットで6点差とされオフィシャルタイムアウトへ。香川はタイムアウト明けのオフェンスで#11タプスコット選手が決めて、勝負の5分間がスタートするが、広島に上手くパスを繋がれ#21ラマート選手にダンクで返されてしまう。その後も広島にスティールからファストブレイクに繋がれるなど苦しい状況もエース#11タプスコット選手が点を奪い返し踏ん張りを見せる香川。残り1分を残し9点差で香川は最後のタイムアウトを取り追いつく作戦を練るが、続くオフェンスで#5溝口選手がフリーになるもこの3Pを決められずに終わると、そのまま追いつけないままタイムアップとなり試合終了。

フォームの始まり

■全体

強豪広島を相手に#11タプスコット選手を中心として、#13近選手や#15坂東選手、そして#19徳永選手が要所で3Pを決めて、試合序盤から最後まで試合全体でリードが13回も変わるなど互角に戦い続けた香川だったが、試合終盤オフェンスが少し停滞してしまったところを広島はこの勝機を見逃さず、#11北川選手の連続3Pでリードを作ると、その後もフリースローを高い確率で決めて広島がそのまま逃げ切った試合でした。スタッツを見てもそこまで大きく差は無いものの、シュートの本数で僅か1本香川が上回っているのに対し、確率では広島が僅かに高く、リバウンドとアシスト数で広島に軍配が上がっている。大事な時間帯でのフリースローを含んだシュート確率とリバウンドがこの競ったゲームの勝敗を分けた大きな要因であると言えるだろう。

 

 

 

この試合も広島の会場で応援してくださった皆様、スポナビライブ等で観戦してくださった皆様、ありがとうございました。

 

また明日再挑戦して、広島との今シーズン最後の戦いを勝って終わりたいと思います。

 

皆様明日も応援よろしくお願いいたします!!

 

2017.04.22_vs________.jpg  2017.04.22_vs______.jpg  2017.04.22_vs_______.jpg

2017.04.22_vs_______.jpg  2017.04.22_vs_______.jpg  2017.04.22_vs____AD_.jpg

 

B2_28_20170422_DRAG_FARR_BoxScore-page-001.jpg

メインパートナー

プラチナスポンサー

ゴールドスポンサー

シルバースポンサー

ゲームスポンサー

オフィシャルサプライヤー