MENU

KAGAWA FIVE ARROWS

MENU

NEWS

HOME>ニュース>GAME>【試合結果】12月25日(日)交流戦Vol.3 AWAY信州ブレイブウォーリアーズ第2戦

【試合結果】12月25日(日)交流戦Vol.3 AWAY信州ブレイブウォーリアーズ第2戦

いつも香川ファイブアローズへの温かいご支援・ご声援、誠にありがとうございます。

 

2016年12月25日(日)千曲市戸倉体育館にて行われたAWAY信州ブレイブウォーリアーズ第2戦の試合結果をお知らせ致します。

 

【試合結果 BOX SCORE】

信州(SHINSHU) 73– 96 香川(KAGAWA)

1Q 19 – 22

2Q 10 – 26

3Q 19 – 23

4Q 25 – 25

 

 

【スターティング5】

信州: #1和田選手、#7古橋選手、#15カーター選手、#24鈴木選手、#26上杉選手

香川:#5溝口選手、#11タプスコット選手、#13近選手、#19徳永選手、#41高田選手

 

 

【主な活躍選手スタッツ】

信州

#1和田選手 17得点

#7古橋選手 17得点8リバウンド

#11 齊藤(洋)選手 11得点

#15カーター選手 18得点14リバウンド4ブロックショット

 

香川

#8 堀田選手 9得点

#11 タプスコット選手 13得点14リバウンド

#13 近選手 9得点

#18 前村選手 14得点

#19 徳永選手 6リバウンド

#32 ウィリアムス選手 10得点9リバウンド

#41 高田選手 12得点6リバウンド

 

 

【観客数】953人

 

 

【試合戦評】

■第1Q 19-22

初得点は前日も好調だった香川#13近選手の3Pから。信州もリバウンドから#1和田選手がファストブレイクに持ち込むと続けて#15カーター選手のゴール下、さらに#26上杉選手にインサイドで序盤はリードを許す。香川はオフェンスリバウンドから#41高田選手のインサイドや#18前村選手の3Pバスケットカウントの4点プレイで追いつくも、信州は#15カーター選手がインサイドで得点を重ねていく。更に相手の早いパスからのバスケットにファウルが重なってしまう香川はベンチが審判に抗議しテクニカルファウルを取られてしまう。それでも#13近選手や#19徳永選手の3Pなどで得点を稼ぎ、お互いリードを許さない互角の展開のまま香川の3点リードで第1Q終了。

 

■第2Q 29-48(10-26)

第2Qも出だしは香川#8堀田選手の3Pからスタート。続けて#14フォーブス選手のインサイドで追加点を奪う。しかし信州も#15カーター選手の連続得点で譲らない。それでも香川はインサイドに相手ディフェンスが集中したところを#18前村選と#8堀田選手が連続して3Pを奪いリードを10点差に広げ香川のペースに。オフィシャルタイムアウト明けも香川#19徳永選手が激しいディフェンスからボールを奪いそのままファストブレイクに持ち込むと#11タプスコット選手と#32ウィリアムス選手がインサイドで連続得点を奪い、#8堀田選手も3Pで追加点を取りリードを21点とする。最後は信州#11齊藤(洋)選手がレイアップで返し19点リードで前半終了。

 

■第3Q 48-71(19-23)

後半最初の得点は信州#1和田選手のミドルシュートから。しかしすぐに香川も#41高田選手もミドルシュートで返す。その後はお互いに決めたら決め返す互角の戦いが続く。香川はインサイドで#11タプスコット選手が奮闘し連続得点を決めると、#41高田選手もインサイドで連続得点を奪いリードを広げる。その後香川の#5溝口選手と#18前村選手が交互に3Pを決めていくが、信州も#11齊藤(洋)選手の3Pと#1和田選手がフリースローで稼ぐ。最後は#5溝口選手の3Pが決まりリードを23点差として最終Qへ。

 

■第4Q 73-96(25-25)

勝負の最終Q、最初の得点は信州#11齊藤(洋)選手のミドルシュート。しかし香川も#32ウィリアムス選手がインサイドで返す。続けて#9坂井選手が3Pで追加点。更に香川は外国籍選手を使い分けながらインサイドを効果的に攻めてリードを広げていき、#14フォーブス選手のインサイドの得点でリードはこの日最大の32点差となる。信州は流れを変えようとタイムアウトを取り#11齊藤(洋)選手の1on1や#7古橋選手の3Pで点差を縮めるも香川も#41高田選手が中と外で連続得点を奪い相手を勢いに乗せない。信州#7古橋選手のフリースローと3Pの連続得点を奪われるも香川も#13近選手が3Pを沈めて返す。最後まで攻め気を失わない信州は#1和田選手の3Pや#7古橋選手のバスケットカウントで20点差にリードを縮めるが最後は香川の#9坂井選手が3Pを決めて23点差とし、危なげなく試合を決めて香川が快勝。
 

■全体

前日と同様第2Qでリードを奪うとこの日は後半でも崩れずインサイドでも効果的に攻めリバウンドでも10個近く相手より多く取ることで、リードを保ち安定して戦うことが出来ました。

シュート確率でも相手の3Pを16.7%、全体を37.8%に抑え、逆に香川は日本人と外国籍2名ずつが2桁得点、そして全員が得点するチームで戦えたことが大きな勝因となりました。

 

 

この日も会場で選手の背中を押し続けてくださった皆様、スポナビライブにて応援してくださった皆様、大変ありがとうございました。

 

さて、今週12月30-31日はファイブアローズの年収めホームゲームが待っています!!

対戦相手は東地区の筑波ロボッツです。

 

相手は強力なインサイドを含む個の力の高い強敵ですが、香川はチーム全員、香川の力を終結して勝利で2016年を締めくくりましょう!!

 

尚、年末試合は香川県内の小学生はチラシ持参or提示で観戦無料です。

 

年末総決戦ウィークとしてさまざまな企画もありますので、是非会場にお越しいただき、選手と一緒に戦っていただければと思います。

 

皆様応援よろしくお願いいたします。

 

2016.12.25_vs_______.jpg  2016.12.25_vs________.jpg  2016.12.25_vs______.jpg  2016.12.25_vs_______.jpg

2016.12.25_vs_______.jpg  2016.12.25_vs_______.jpg  2016.12.25_vs_______.jpg

 

B2_13_20161225_BWAR_FARR_BoxScore-page-001.jpg

RELATED

関連ニュース

メインパートナー

プラチナスポンサー

ゴールドスポンサー

シルバースポンサー

ゲームスポンサー

オフィシャルサプライヤー