MENU

KAGAWA FIVE ARROWS

MENU

NEWS

HOME>ニュース>GAME>【試合結果】4月29日(土)HOME島根スサノオマジック第1戦

【試合結果】4月29日(土)HOME島根スサノオマジック第1戦

 

いつも香川ファイブアローズへの温かいご支援・ご声援、誠にありがとうございます。

 

4月29日(土)高松市総合体育館で行われたHOME島根スサノオマジック第1戦の試合結果です。

 

 

【BOX SCORE】

香川(KAGAWA) 62 – 83島根(SHIMANE)

第1Q 13 - 17

第2Q 14 - 21

第3Q 25 - 17

第4Q 10 - 20

 

 

【スターティング5】

香川:#5溝口選手、#11タプスコット選手、#15坂東選手、#19徳永選手、#41高田選手

 

島根:#3誤屋選手、#5山本選手、#12寒竹選手、#31高畠選手、#55横尾選手

 

 

【主な活躍選手スタッツ】

香川

#11タプスコット選手 22得点8リバウンド

#19徳永選手 13得点5リバウンド3スティール

 

島根

#00デービス選手 8得点15リバウンド6アシスト

#3誤屋選手 13得点3アシスト

#5山本選手 7得点5アシスト2スティール

#12寒竹選手 11得点

#31高畠選手 13得点

#42リード.選手 8得点10リバウンド4アシスト

#55横尾選手 11得点

 

 

【入場者数】859名

 

 

【試合戦評】

■第1Q 13 – 25

始めからゾーンを敷く香川に対し#3 呉屋選手の3Pで先制した島根は、その後もオフェンスを上手く組み立てられない香川に対し、徐々に点差を広げていく。中盤#5 山本選手や#55 横尾選手の3Pで更に点差を広げていく島根に対し、香川は上手くリズムを掴めないまま最後は再び#55 横尾選手に3Pを決められ島根の12点リードで第1Q終了。

 

■第2Q 27 – 46 (14 - 21)

第2Q出だしこそ24秒ヴァイオレーションを取られるが、そこから連続スティールで次々と相手のオフェンスを封じると徐々に点差を詰めていき、#19 徳永選手のフリースローで5点差まで詰め寄るが、オフィシャルタイムアウト明けに島根#31 高畠選手に3Pを決められると香川のオフェンスがぴたりと止まり、再び島根に次々とファストブレイクを許してしまい、再び点差が開いていく。更に香川はレフェリーのジャッジにフラストレーションが溜まり始めると、軽率なプレイで連続スティールに合い、更に連続得点で一気に点差を19点つけられ前半終了。

 

■第3Q 52 - 63(25 - 17)

後半出だし香川はスティールから得点のチャンスを得るも、ゴール下を決めきれず、逆に島根#3呉屋選手のミドルシュートで最初の得点を許してしまう。しかし香川も#11タプスコット選手が3Pで返すと、続いてスティールから1対1でファウルをもらいフリースローで連続得点を奪う。島根#50マーシャル選手にゴール下で返されるが、再び香川#11タプスコット選手が3Pを沈め、香川が得点を奪うと、続くディフェンスでも相手のオフェンスを封じ、これを#5溝口選手がファストブレイクでレイアップに持ちこみ点差を縮める。ここから島根も#3呉屋選手と#12寒竹選手のミドルシュートで点を取れば香川も#11タプスコット選手のミドルと#15坂東選手の3Pで取り返し、お互い一歩も引かない激しい点の取り合いを展開する。香川の#11タプスコット選手がミドルシュートを決め点差を10点に縮めるも島根も#44栗野選手がリバウンドからゴール下をねじ込む。香川#19徳永選手がフロースローで再び10点差に戻すが、島根#3呉屋選手がレイアップにバスケットカウントも取られ返される。島根#00デービス選手がインサイドでゴリ押しプレイで点を取れば、香川も#11タプスコット選手が鮮やかなバンクショットで取り返す。そのまま点の奪い合いが最後まで続いたまま島根の11点リードで最終Qへ。

 

 

■第4Q 62 - 83(10 - 20)

何とか追いつきたい香川だが、出だし何度も島根のディフェンスを攻め込むも点に繋がらない。しかし香川もディフェンスで島根のオフェンスを止め、お互いに最初の得点が決まらない時間が続く。均衡を破り最初の得点をとったのは香川#19徳永選手のミドルシュートから。しかし島根も#42リード選手がミドルシュートでお返し。続く香川#32ウィリアムス選手のインサイドでの得点も島根#55横尾選手のゴール下で返されてしまう。第3Qから引き続き追いつきたい香川と絶対に主導権は渡すまいと立ちはだかる島根の激しいやり合いが続いたままオフィシャルタイムアウトを挟みラストの5分間が始まる。最初に決めたのは島根。#00デービス選手の1対1に寄ったところをコーナーで待っていた#55横尾選手にパスが渡り3Pを射抜かれる。その後も香川がオフェンスでシュートを連続で外してしまうと島根#31高畠選手と#3呉屋選手に連続してレイアップを沈められ苦しい展開に。香川も#11タプスコット選手のフリースローと#32ウィリアムス選手のゴール下で必死に喰らいついていくも島根の#42リード選手のミドルジャンパーを決められ、万事休す。島根の逃げ切り勝ちとなった。

 

■全体

前半から相手のディフェンスに苦しみ効果的に攻め込めない香川に対し、インサイドだけでなく第1Qで3Pを4/6と高確率で決めてリードする島根という立ち上がりから、第2Q、第3Qは激しい点の取り合いが続く。第3Q香川がディフェンスで相手のオフェンスを連続で阻止すると早いバスケットを展開し、一時は5点差まで追いつくも、その後島根#55横尾選手のコーナーの3Pから島根が再び息を吹き返し、連続得点で一気に差を広げられてしまいます。その後は追いつきたい香川も必死に点を取りにいきますが、それ以上の激しさを持つ島根のプレイで追いつくことはかなわずそのまま試合終了。この試合はほとんどの部分で島根が香川を上回っており、香川のFG%も低くリバウンドでも大差をつけられてしまった。逆に島根は日本人選手4名が二桁得点と確率の高いシュートで効果的に得点を重ねていった島根が磐石の試合をして香川に完勝した。

 

 

【HCコメント】

香川

ナバーロHC

「島根はリーグでベストなレコードを出しているには理由があるとおりの素晴らしいチーム。我々はゾーンから入り少し効果があったかと思ったが、すぐに適応され0-12と向こうに勢いを与えてしまった。第3Qはマンツーマンで臨み、非常に上手くいき第4Qまで7,8点差で推移してついていくことが出来たが、バスケットボールは物事が上手く行くときは上手く行き、悪いときはとことん悪くなるスポーツで、第4Q相手にコーナーから3Pを決められた後、我々はシュートが決まらず、また相手のリード選手にショットクロック間際でミドルシュートを決められて12,3点まで差を広げられた。今日の島根のハーフコートディフェンスは素晴らしかった。フィジカルに来られて我々がそれに負けてしまった。第3Q我々もアグレッシブにプレイ出来たが、それでも相手にその激しくハイテンポなディフェンスを続けられたことで、我々はゴールへのアタックが止まってしまい、外からのシュートを打たされてしまった。しかしながら我々の今日やろうとしていたスキームに間違いは無いと思っている。先日島根に勝利を掴んだ試合と狙いどころの違いは変わらず、相手の3Pを34%に抑えたディフェンスも悪くなかったと思うが、今日は我々がシュートが入らず、相手はシュートを決めていた。スコア出来ている時はディフェンスもしっかりセットすることが出来るが、シュートが入らないとディフェンスに非常に負担がかかる。83点は大量失点だが、もし我々がもっとオフェンスで上手く組み立てが出来、スコアに繋げられていたらもう少し相手の得点を抑えることが出来たと思う。そこが今日の試合の鍵だった。島根を相手にする時に大事なポイントとしては、テンポを早くしてしっかりとゴールにアタックをしかけること。島根は逆に相手のウィングに激しいディナイをしてジャンプシュートを打たせることを狙うチーム。我々はそのディフェンスに対しもっとゴールへアタックを続けられる精神的タフさが必要だった。今日はタクも3Pが1/6でシノブも4本打って0本とシュートが入らなかった。そこが前の試合との違いの一つであり、島根のディフェンスが素晴らしくシュートを決めることが出来なかった。明日はもっとシュートを決めなければいけない。逆に我々としてもディフェンスで相手の3Pにフォーカスをおき相手にインサイドにボールを集めさせるようこの1週間準備していたが、第1Qあと一歩のシュートチェックが足らず、相手に3Pを決められてしまった。その後修正することが出来たが、また第4Qに決められてしまった。第1Qで4/6決められたものの、全体では8/23というスタッツを見ると、第1Q以外では相手の3Pを止めることが出来ていたが、自分達のやろうとしていたことを最初のQに出来なければ、勝つことは難しい。」

 

島根

勝久HC

「香川は色んなディフェンスをしてくるチームですが、我々はリズムを各ディフェンス相手に何ポゼッションかかかってしまっているので、明日はもっと何が来てもすぐに対応できるように、またターンオーバーを減らしてリバウンドをもう少し頑張りたいと思います。バスケットはリード&リアクトのスポーツなので、相手がマンツーでもゾーンでも、どのゾーンでも、マンツーでどんなカヴァレッジが来てもちゃんとディフェンスを読んで、今シーズンずっと取り組んできたようにやっていけたらと思います。気を引き締めて臨んでいるつもりでしたが、やはり人間なので今日の試合でも集中していないポゼッションやプレイがどうしてもいくつかあった。レギュラーシーズンあと2週間ある中で、まだ成長できると思っている。この状態で優勝するに十分だと思っていればこのラスト2週間違った気持ちで臨んだかもしれないが、まだそういったシチュエーションではなく、例えば先ほど言ったとおり色んなディフェンスをされてすぐに対応できない、すぐにディフェンスを読めないなど、もっと上達しなくてはいけない部分がある。プレイオフで何が来るか分からない、どんなことを相手がしてくるか分からない中で、もっと瞬時の対応力というものが必要で、我々の危機感としてはまだまだ成長しなきゃいけない、プレイオフに向けて順位は決まっているので勝ち負けではなく、自分達のベストなバスケットボールをやらなきゃいけないというテーマで臨んでします。シュートが入る入らないでは無く、オフェンスでもディフェンスでも正しいプレイが遂行できているか、そういった意味でベストなプレイを残りの試合も続けていかないといけないと思います。」

 

 

昨日の試合も会場にて応援してくださった皆様大変ありがとうございました。

さて本日が今シーズンリーグ戦優勝チームとのラストの試合となります。

 

AWAY戦で見せたアップセットをもう一度ここHOMEで成し遂げたいと思います。

その為には皆様の応援が必要です。

 

皆様是非ご来場いただき、応援お願いいたします!!

 

 

2017.04.29_vs________.jpg  2017.04.29_vs_______.jpg  2017.04.29_vs______.jpg

2017.04.29_vs____AD_.jpg  2017.04.29_vs_______.jpg

2017.04.29_vs_______.jpg  2017.04.29_vs____SA.jpg

2017.04.29_vs___________.jpg2017.04.29_vs____________.jpg

B2_29_20170429_FARR_SMAG_BoxScore-page-001.jpg

RELATED

関連ニュース

メインパートナー

プラチナスポンサー

ゴールドスポンサー

シルバースポンサー

ゲームスポンサー

オフィシャルサプライヤー