MENU

KAGAWA FIVE ARROWS

MENU

NEWS

HOME>ニュース>GAME>【試合結果】4月23日(日)AWAY広島ドラゴンフライズ第2戦

【試合結果】4月23日(日)AWAY広島ドラゴンフライズ第2戦

いつも香川ファイブアローズへの温かいご支援・ご声援、誠にありがとうございます。

 

4月23日(日)広島サンプラザホールで行われたAWAY広島ドラゴンフライズ第2戦の試合結果です。

 

 

【BOX SCORE】

広島(HIROSHIMA)72 – 76 香川(KAGAWA)

第1Q 19 - 29

第2Q 14 - 15

第3Q 25 - 11

第4Q 14 - 21

 

 

【スターティング5】

広島:#2朝山選手、#5山田選手、#18鵤選手、#21ラマート選手、#24田中選手

 

香川:#5溝口選手、#11タプスコット選手、#15坂東選手、#19徳永選手、#41高田選手

 

 

【主な活躍選手スタッツ】

広島

#2朝山選手 18得点

#7坂田選手 7得点

#11北川選手 6得点4アシスト

#12ディロン選手 6得点6リバウンド

#18鵤選手 6得点6リバウンド

#21ラマート選手 18得点

 

香川

#5溝口選手 11得点5リバウンド

#11タプスコット選手 15得点12リバウンド4アシスト3スティール

#15坂東選手 11得点4アシスト

#19徳永選手 18得点(3P 3/3)5リバウンド8アシスト2スティール

#41高田選手 10得点

 

 

【入場者数】2337名

 

 

【試合戦評】

■第1Q 19 – 29

最初の得点は香川#41高田選手のジャンパーから。すぐに広島#24田中選手にタフな体勢からの3Pを決められるも、再び#41高田選手がゴール下、そしてスティールから#5溝口選手のジャンプシュート、更にもう一度#5溝口選手が連続で決めて香川が開始2分で3-8とリードを奪う。その後も香川が良いディフェンスで相手のシュートを阻むと、ここで#19徳永選手の3Pが決まる。広島も#5山田選手がゴール下で返してくるも再び香川#19徳永選手の3Pが炸裂し更にリードを広げると、次の広島の得点の後も#5溝口選手が3Pを沈める。広島も#21ラマート選手が3Pを決めるが、香川の精度の高いシュートが続き広島を圧倒する。広島の#7坂田選手にバスケットカウントを決められるも続くオフェンスで#19徳永選手がバスケットカウントでお返し。広島の追撃を許さない。香川の良いディフェンスはこのクォーター最後まで広島のオフェンスを苦しめ#32ウィリアムス選手のインサイドでの追加点で香川が10点リードをつけて第1Q終了。

 

■第2Q 33 – 44 (14 - 15)

第2Qは序盤で#32ウィリアムス選手のインサイドプレイで相手の#0エンダイ選手の2連続ファウルを誘い、ベンチに退ける。その#32ウィリアムス選手のフリースローから香川が先制する。続くディフェンスも広島を止めると続けて#32ウィリアムス選手が鮮やかなステップからジャンパーを決める。そこから一度香川のシュートが決まらず得点が止まり、広島#12ディロン選手と#5山田選手、そして#21ラマート選手にゴール下で連続得点を許すが、香川は#14フォーブス選手がリバウンドからゴール下を沈めて9点リードでオフィシャルタイムアウトへ。続く最初のオフェンスで広島のディロン選手のドライブから#21ラマート選手へアシストが渡りダンクを決められるが、香川も#15坂東選手が3Pを沈めると、#11タプスコット選手が1対1で連続得点を奪い香川が再びリードを広げる。その後も香川は1-3-1のゾーンディフェンスで広島を波に乗せず、好ディフェンスで連続ターンオーバーを誘うと、再び#15坂東選手の3Pがゴールネットを揺らし27-42とリードを15点に広げる。ここで広島はたまらずタイムアウト。タイムアウト明けのオフェンスで広島#2朝山選手に3Pを決められるが、続くオフェンスを止められるもディフェンスで広島の24秒ヴァイオレーションに追い込み連続得点を阻む香川。しかし次のオフェンスもターンオーバーとなり再び広島にポゼッションを奪われると、#21ラマート選手に3Pを沈められ再び点差を一桁に縮められてしまう。しかし香川も次のオフェンスで#19徳永選手が3Pシュートで相手のファウルを誘い、これを2本決めて点差を二桁に戻すと、広島のクォーター最後のオフェンスもグッドディフェンス止めて11点差のまま前半終了。

 

■第3Q 58 - 55(25 - 11)

後半最初の得点は再び香川#41高田選手のジャンパーから。続く広島のオフェンスで#7坂田選手にドライブでフリースローを与えてしまうが、これが2本とも外れ香川が連続得点のチャンスを得る。しかし続く香川のオフェンスは成功せず、#18鵤選手のレイアップで広島も後半最初の得点を取る。次のオフェンスも香川はターンオーバーでボールを失ってしまうが、これを#11タプスコット選手が#21ラマート選手のゴール下のシュートをブロックし、逆に速攻に繋げると、ファウルをもらい#11タプスコット選手がフリースローで追加点を奪う。広島の#2朝山選手にミドルシュートで得点を奪われると続くオフェンスで#11タプスコット選手が再びフリースローを得るもこれを2本とも外してしまい、#21ラマート選手にゴール下を決められ広島に連続得点を許してしまう。香川も#5溝口選手のスティールから#15坂東選手のレイアップで返すが、その後も広島#2朝山選手の連続ドライブを止めれず点差を8点差に縮められてしまう。香川はここでタイムアウトを取り、立て直しを図るが、このオフェンスも成功せず再び広島#2朝山選手のドライブで更に差を詰められる。その後も香川は無理な攻めでターンオーバーで終わってしまうと、広島#11北川選手のカットインレイアップにバスケットカウントを与えてしまい3点差とされる。香川も#11タプスコット選手がリバウンドからゴール下をねじ込み、点を返すも、#18鵤選手に連続得点を奪われ1点差に追いつかれてしまう。更に次のオフェンスでも#11タプスコット選手のスクリーンがオフェンスファウルの判定を取られポゼッションを失うと、広島#7坂田選手のジャンプシュートで遂に逆転を許してしまう。更に次のオフェンスも#32ウィリアムス選手のゴール下が広島#0エンダイ選手にブロックで阻まれ、広島に連続得点で3点差とされる。香川も#41高田選手がミドルシュートを決めるが広島#7坂田選手に返され、広島の3点リードのまま最終Qへ。

 

■第4Q 72 - 76(14 - 21)

最終Q序盤両チームとも最初の得点を決まらない時間が続くが、広島#2朝山選手に3Pを沈められ広島が先制する。しかし香川も#19徳永選手が3Pで返すと続くディフェンスで広島からスティールを奪い、これを#11タプスコット選手が持ち込みフリースローをもらい1点差に詰め寄ると、その次のディフェンスでも再び#11タプスコット選手がスティールを奪いレイアップに持ち込み、相手のファウルも追加されてバスケットカウントで香川が再逆転に成功する。更に次のディフェンスでも香川は広島からスティールを奪うと、これを#5溝口選手がコンタクトされながらもレイアップを決めて追加点をあげる。その後も香川は最初の#2朝山選手の得点以降4分半の間広島を無得点に抑える良いディフェンスを続け、#19徳永選手がミドルシュートとスティールからのファストブレイクレイアップの連続得点で8点差とリードを広げる。ここで広島はたまらずタイムアウト。次のオフェンスはお互いに決まらずオフィシャルタイムアウトへ。オフィシャルタイムアウト明け#12ディロン選手の3Pで広島に差を詰められるが、ここも#15坂東選手がレイアップで点を奪い返す。しかしその次のオフェンスでも広島#11北川選手に3Pをねじ込まれ点差は4点に。ここも香川は#14フォーブス選手が#5山田選手を相手に力強いインサイドプレイで得点し踏ん張りを見せるが、それでも広島の#21ラマート選手に3Pを決められると、次のオフェンスもターンオーバーで終わり、そのまま広島に早い展開でゴール下の#21ラマート選手までパスを繋がれ、フリースロー1本で2点差に。続くオフェンスでも#11タプスコット選手がドリブルミスからボールを奪われると、広島#12ディロン選手にファストブレイクに持ち込まれ1本のフリースローで点差はわずか1点となる。試合時間15.3秒を残し1点リードの香川はタイムアウトを取り、フロントコートからの攻めを選択、更に広島のファウルゲームを想定し、日本人選手4名のラインナップにして磐石の体制を整える。しかし最初のフリースローで#19徳永選手がまさかの2本連続ミス。あわやと思われたが、こぼれたルーズボールを#5溝口選手が拾い、ファウルをもらうと、今度は2本きっちり決めて3点差に。残り10.7秒広島もタイムアウトで最後のオフェンスをデザインする。広島は最後のオフェンスを#2朝山選手に託し3Pを狙うが、これを香川がきちんとシュートチェックで阻むとそのリバウンドもしっかりと掴み、残り1秒で再びファウルをもらう。これを#11タプスコット選手が1本決めて4点差とし、そのままタイムアップ。香川は第4Q序盤でこの試合1番の好ディフェンスを見せ再逆転を果たすと、終盤広島の猛追撃でピンチとなるも、フリースローとディフェンスで逃げ切ることに成功した。

 

■全体

この日の試合は香川が試合の序盤から広島に簡単に点を取らせない好ディフェンスから早いバスケットを展開し、アシスト10本と75%の高いシュート精度でゲームを掌握する。第2Q序盤もその勢いのまま#32ウィリアムス選手がインサイドで活躍を見せてスタートすると、中盤少し点が止まる場面もあったが、#15坂東選手の2本の3Pで広島追撃を阻む。しかし第3Q#2朝山選手の連続ドライブで広島がオフェンスのリズムを取り戻すと、香川も単純なミスが続いて一気に広島を勢い乗せてしまう。そのままあれよあれよという間に逆転され3点ビハインドで最終Qを迎える。このまま広島の勢いを止めれず崩れてしまうかと思われた香川でしたが、第4Qに圧巻のディフェンスを見せる。最終Q最初の得点こそ広島#2朝山選手に3Pを決められるものの、その後4分半相手広島を無得点に抑え、スティールやリバウンドから早く攻める香川のバスケットが蘇り、3-14のランで再び香川が逆転に成功、そして8点リードを作ると、終盤広島の3連続3P等の怒涛の追い上げで絶体絶命のピンチとなるも、広島のフリースローの精度が上がらず、1点差のまま試合時間残り15秒を残し香川ボールとなる。広島にファウルゲームを狙われるが、1回目を2本とも外してしまうが#5溝口選手が次の2本を決めきり、最後の広島のオフェンスもチームディフェンスで抑え、香川が辛くも勝利をあげた。スタッツを見ると第1と第4で香川がシュート確率で広島を上回るが、全体としては広島の方が確率は高く、特に2Pの確率やインサイドの得点では広島に軍配が上がったものの、1番特出すべきポイントとして広島のフリースローの確率が低さが非常に目立ち、フリースローがこの試合の勝敗を分けたと言っても過言では無いことがわかる。

 

 

 

皆様広島の会場での応援、スポナビライブでの観戦ありがとうございました。

 

今シーズン残るはラストHOME4連戦のみとなりました。

 

対戦相手はリーグ1位の島根、そしてリーグ3位の熊本と前回アローズがやっと一矢報いることに成功した強敵です。

 

相手はその借りを返しにやってくるでしょうが、HOMEの力を集結してもう一度叩きのめしたいと思います。

 

皆さん最後までアローズの勝利のために一緒に戦ってください。

 

応援よろしくお願いいたします!!

 

2017.04.23_vs_______.jpg  2017.04.23_vs________.jpg  2017.04.23_vs_______.jpg

2017.04.23_vs____AD____.jpg  2017.04.23_vs________.jpg

 

B2_28_20170423_DRAG_FARR_BoxScore-page-001.jpg

RELATED

関連ニュース

メインパートナー

プラチナスポンサー

ゴールドスポンサー

シルバースポンサー

ゲームスポンサー

オフィシャルサプライヤー