MENU

KAGAWA FIVE ARROWS

MENU

NEWS

HOME>ニュース>GAME>【試合結果】3月4日(土)AWAY山形ワイヴァンズ 第1戦

【試合結果】3月4日(土)AWAY山形ワイヴァンズ 第1戦

いつも香川ファイブアローズへの温かいご支援・ご声援、誠にありがとうございます。

 

3月4日(土)山形市総合スポーツセンターで行われたAWAY山形ワイヴァンズ第1戦の試合結果です。

 

 

【BOX SCORE】

山形(YAMAGATA) 75 – 83 香川(KAGAWA)

第1Q 17 - 19

第2Q 21 - 21

第3Q 18 - 14

第4Q 21 - 15

 

 

【スターティング5】

山形:#7佐々木選手、#9佐藤選手、#10フリソン選手、#14高橋選手、#50伊澤選手

 

香川:#8堀田選手、#11タプスコット選手、#15坂東選手、#18前村選手、#19徳永選手

 

 

【主な活躍選手スタッツ】

山形

#1村上選手 14得点4アシスト

#2ハミルトン選手 10得点9リバウンド

#10フリソン選手 11得点8リバウンド

#15ターバー選手 8得点4アシスト

#50伊澤選手 10得点

 

香川

#11タプスコット選手 18得点8リバウンド

#14フォーブス選手 10得点13リバウンド

#15坂東選手 15得点

#19徳永選手 10得点

 

 

【入場者数】1627名

 

 

【試合戦評】

■第1Q 17 - 19

先制点は山形#9佐藤選手にリバウンドから走られる。しかし香川も#11タプスコット選手のインサイドと#19徳永選手の3Pでリードを奪う。その後も積極的なディフェンスとリバウンドから早いオフェンスに繋げ山形をファウルトラブルに追い込むと、4-15と香川がペースを掴む。しかしタイムアウトから落ち着きを取り戻した山形にディフェンスから連続得点を許し一気に4点差に追いつかれてしまう。残り1分#15ターバー選手のインサイドで同点に追いつかれるが、香川も#11タプスコット選手が返し、再び2点リードにして第1Q終了。

 

■第2Q 38 - 40 (21 - 21)

山形のインサイドの攻めを止め、最初の得点は#14フォーブス選手のインサイドから。続けて再び#14フォーブス選手が山形#2ハミルトン選手の2回目のファウルを誘い、ベンチに戻すと、#13近選手の3Pも決まりリードを広げる。しかしタイムアウトからディフェンスをゾーンに変えてきた山形の#50伊澤選手の連続ミドルシュートと#15ターバー選手のレイアップで1点差に追いつかれてしまう。香川も#9坂井選手の3Pを沈めると、良いパス回しから#11タプスコット選手のレイアップに繋げ、その後も3Pで9点差に広げる。オフィシャルタイムアウトを挟み、山形の#10フリソン選手のインサイドと#9佐藤選手の3Pで差を詰められるが、ここでも香川#14フォーブス選手が豪快なダンクを含む連続得点で返す。2回目のタイムアウトから山形の#14高橋選手にスティールからファストブレイクに持ち込まれバスケットカウントを与えてしまい、香川も#11タプスコット選手がフェイダウェイショットで返すが最後は山形#10フリソン選手にオフェンスリバウンドからねじ込まれ、2点差のまま前半終了。

 

■第3Q 56 - 54(18 - 14)

最初の得点は山形#10フリソン選手のインサイド。香川も#15坂東選手がミドルシュートで返す。パスミスから山形#14高橋選手にファストブレイクに持ち込まれ連続得点を許すも、香川も#11タプスコット選手の3Pと#15坂東選手がドリブルで持ち込み連続得点に繋げると、再び#11タプスコット選手の3Pが決まり、リードを守る。香川は積極的な攻めの姿勢から第1Q同様、山形をファウルトラブルに追い込むが、インサイドをアタック出来ず外のシュートを打たされ得点に繋げられずにいると、#14高橋選手にフリースローで遂に逆転されてしまう。香川も#9坂井選手がファストブレイクからフリースローで同点に戻すが、山形#2ハミルトン選手にバスケットカウントを奪われてしまう。香川も負けじと#18前村選手の3Pで再び同点にするが、それでも山形にブロックショットから得点に繋げられる。最後はお互いに点を決めれず2点リードと逆転され最終Qへ。

 

■第4Q 77 - 69(21 - 15)

最初は香川#15坂東選手の3Pで逆転からスタート。しかしすぐに山形#2ハミルトン選手にミドルシュートで返される。続けて山形#1村上選手にミドルシュートで連続得点を奪われると更に#2ハミルトン選手にインサイドで決められる。香川はミスばかりが続き、オフェンスで得点が出来ずにいると、山形の#14高橋選手の3Pで10点リードとされ、オフィシャルタイムアウトへ。その後もミスを消せず苦しい香川ですが、#14フォーブス選手がリバウンドからダンクとバスケットカウントで連続得点を奪い食らいついていく。お互いに入れあい10点差を行き来するが、残り1分を切り香川#15坂東選手が3Pで7点差とする。香川はファウルゲームに持ち込むが、山形にフリースローをきっちりと決められると、その後タイムアウトのオフェンスで痛恨のミス。#13近選手が3Pを決めるもそこでタイムアップとなり、試合終了。

 

■全体

第1Qの序盤から積極的なディフェンスからいつもの香川得意の早いペースに持ち込み、相手のファウルを増やすことで、ペースを掴むことに成功します。しかし前半はリードを奪う度に山形の効果的なタイムアウトと選手交代によって、追いつかれてしまいます。後半の出だしも一度はリードを守りますが、第3Q中盤で#19徳永選手の3回目のファウルもあり、オフェンスの流れが悪くなってくると、山形のファウルトラブルも上手くつくことが出来ないまま逆転されてします。最終Qもその悪い流れを引きずり、相手に連続得点で一気にリードを奪われるとそこから追いかける激しさを生み出すことは出来ないまま試合終了。スタッツを見ると、リバウンドでは互角の戦いを見せ、3Pの成功数では香川が優位に立っていますが、課題のインサイドの得点では相手に10点多く取られており、香川としては第1、第3Qの山形のファウルトラブルの際にゴールにアタックし切れずインサイドで高確率に点を取れなかったことで、リードを守れず相手の連続得点を生み出し追いつかれてしまった理由の一つかと思われます。第3Qのオフェンスの悪い流れを最終Qに引きずってしまいました。

 

 

昨日も会場やパブリックビューイングで応援してくださった皆様、スポナビライブにて観戦していただいた皆様、大変ありがとうございました。

 

本日も14:00から山形ワイヴァンズとの第2戦です。

 

昨日負けてしまった借りを今日は返して香川に帰ってきてもらいたいと思います!

 

皆様応援のほどよろしくお願いいたします!!

 

2017.03.04_vs________.jpg 2017.03.04_vs_______.jpg 2017.03.04_vs_______.jpg

2017.03.04_vs_______.jpg 2017.03.04_vs_______.jpg 2017.03.04_vs_______.jpg

 

B2_21_20170304_WYVE_FARR_BoxScore-page-001.jpg

メインパートナー

プラチナスポンサー

ゴールドスポンサー

シルバースポンサー

ゲームスポンサー

オフィシャルサプライヤー