MENU

KAGAWA FIVE ARROWS

MENU

NEWS

HOME>ニュース>GAME>【試合結果】12月30日(金)交流戦Vol.4 HOME茨城ロボッツ第1戦

【試合結果】12月30日(金)交流戦Vol.4 HOME茨城ロボッツ第1戦

 

いつも香川ファイブアローズへの温かいご支援、応援、誠にありがとうございます。

 

12月30日(金)に高松市総合体育館にて行われた交流戦Vol.4 ホーム茨城ロボッツ第1戦の試合結果をお知らせいたします。

 

【試合結果 BOX SCORE】

香川(KAGAWA)68 – 86 茨城(IBARAKI)

1Q 16 – 24

2Q 19 – 32

3Q 19 – 14

4Q 14 – 16

 

 

【スターティング5】

香川: #5溝口選手、#11タプスコット選手、#13近選手、#19徳永選手、#41高田選手

茨城: #7リカート選手、#27眞庭選手、#32前田選手、#37河野選手、#43岡村選手

 

 

【主な活躍選手スタッツ】

香川

#8堀田選手 11得点

#11タプスコット選手 16得点

#13 近選手 10得点

#19 徳永選手 9得点8リバウンド5アシスト

 

茨城

#7リカート選手 18得点16リバウンド

#27眞庭選手 16得点

#37河野選手 12得点

#44 フォード選手 15得点

 

 

【試合戦評】

■第1Q 16-24

最初の得点は香川の#11タプスコット選手のインサイド、しかしすぐに茨城も#7リカート選手が返す。その後はお互いもう一本ずつ決め返し互角の出だし。執拗にインサイドの#7リカート選手にボールを集める茨城に対し、簡単にはやらせない香川。しかし香川もシュートが当たらず、お互いに得点が伸びない。茨城は#37河野選手が連続して3Pを沈めると、#27前田選手もそれに続けて3Pを決め7点のリードを許す。香川は#19 徳永選手がディフェンスでスティールからの速攻を決めるも最後は茨城の#1 一色選手が残り1秒で3Pを決め、8点差で第1Q終了。

 

■第2Q 35-56(19-32)

第2Qの出だしは香川#14 フォーブス選手のインサイドから。しかしすぐに茨城に連続得点を決められる。その後も茨城のディフェンスに攻めあぐねる香川は相手#44フォード選手のトランジションオフェンスに連続でやられ点差を二桁とされる。香川は#8堀田選手が3Pを決めてやり返すが、すぐに#27眞庭選手に返され流れは茨城のまま。#33ラーカイ選手のインサイドで点差を20点とされてしまうが、香川も#9坂井選手の3P、#11タプスコット選手のインサイドの連続得点で少しずつ返していく。オフィシャルタイムアウトをはさみ、#7リカート選手にインサイドで落ち着きを取り戻す茨城に対し、香川#19徳永選手がレイアップで切り込み反撃を図る。茨城#32前田選手の3Pが決まり、その後も#33ラーカイ選手のインサイドと連続得点で更にリードを広げられるが、終盤ディフェンスで相手のボールを奪い、それを#19徳永選手がレイアップに持ち込みバスケットカウントで何とか持ちこたえる。しかし最後は茨城の#44フォード選手にリバウンドからそのまま持ち込まれ、21点ビハインドで前半終了。

 

■第3Q 70– 51(25-16)

後半ファーストショットは香川#13近選手の巧みなフェイダウェイシュートから。続けて#11タプスコット選手が連続得点を決める。しかし、茨城も#27眞庭選手が力強いインサイドでバスケットカウントをもぎ取り、香川を勢いに乗らせない。それでも香川は#13近選手が連続3P、続いてミドルと連続アウトサイドシュートを決め、追撃の口火を切ると交代して入った#18前村選手も3Pでそれに続き、一気に13点まで差を縮める。しかしここでもまた茨城の#7リカート選手のインサイドで確実に点を取り返す茨城。香川もディフェンスで踏ん張り#41高田選手がミドルシュートに繋げるが、茨城も#37河野選手が3Pを沈め、それ以上は追いつかせてもらえない。最後は#41高田選手がスティールで速攻に繋げるかと思われたが、惜しくもタイムアップ。16点差で最終Qへ。

第4Q 91– 69(21 – 18)

最初の得点は茨城#33ラーカイ選手のインサイドから。それに対し、香川も#14フォーブス選手にボールを回し、インサイドを攻めるが、得点は決まらず、逆に#37河野選手に3Pを決められ、更に自分達のミスから茨城#44フォード選手にダンクを決められ中々追い上げの糸口が見つからない。その後も香川は#11タプスコット選手を中心に反撃を狙うも、茨城の#44フォード選手の早いオフェンスにファウルが重なり、点差が縮まらない。#8堀田選手が3Pやフリースローなどで攻撃を続け、ディフェンスでもプレスを仕掛け続けるなど、最後まで諦めない姿勢を貫く香川だったが、点差を縮めることは出来ないまま18点差で試合終了。
 

■全体

お互いの持ち味でもあるアウトサイドシュートに関して、香川は相手よりも試投数は多いものの攻めあぐねて良い形でのシュートを打てず確率を下げられ、逆にやらせたくなかった茨城に3P50%(前半は87.5%)と高確率で決められ、インサイドでも#7リカート選手のパワープレイにゴール下を支配されてしまうなど茨城の堅い守りと中外バランスの良い攻撃に苦しみ、多くの時間で相手に主導権を握られてしまいました。第3Qの序盤、ディフェンスで足を動かし、そこから#13近選手の連続得点などオフェンスに繋いで点差を縮めた場面もありましたが、要所で茨城に3Pを決められ、流れを手繰り寄せることが出来ないまま試合終了となってしまいました。

 

 

【観客数】664人

 

 

【HCコメント】

香川

ナバーロHC

「相手のシュートが非常に良く入った。今日のゲームプランとしてはインサイドはしっかりと1対1で守り、相手に3Pをなるべく打たせないようにすることだったが、それが出来なかった。選手達はハードにプレイしてくれたが、ゲームプランを遂行出来たのは80%程度だった。ディフェンスをより良くするためには100%にしなくてはいけないディフェンスはパズルを組み立てるピースのようなもので、1つでもピースが無くてはパズルは完成しないのと同様、自分達が遂行しなくてはいけなかったボールに対するプレッシャー、ウィングへのディナイ、早い展開に持ち込むという3つのポイントの内、早い展開に持ち込み、ウィングへのディナイは出来たがボールプレッシャーが出来ず、我々のディフェンスが完成しなかった。相手にシュートを打たせないようにして、自分達のシュート回数を増やすことを狙うディフェンスにおいて、今日は相手より我々の方がシュート回数は多かったが、相手の方が多く3Pシュートを決めていた。チームで3Pを53%入ったということは2Pが75%くらい入っているようなものだが、それでは勝ち目は無いので、明日はしっかりとアジャストして相手の3Pに対して良いディフェンスが出来るようにしたい。相手の眞庭選手に中外両面でやられてしまったことが相手のオフェンスの引き金となった。第3Qで早い展開に持ち込み13点差まで差をつめることが出来たが、第4Qの序盤シェイを下げた時間帯でオフェンスが上手く機能せず、4,5回ターンオーバーが出てしまった。第3Q忍が10点取ってくれたが、シェイと共にウィングプレイヤーの得点が伸びている時間帯は我々のオフェンスは上手く機能するが、それが出来たのは唯一そのQだった。我々が相手よりもシュートを多く落としてしまったことで、相手のリバウンド数を増やしてしまった。相手に20個のターンオーバーをさせたにも関わらず、勝てないという試合はめずらしい。明日の試合に向けて改善しなくてはいけないことは明確で、アウトサイドへのプレッシャーを強くし、相手の3Pを止めるということだが、そのアジャストはこれまでも自分がコーチとして多く経験してきたもので、必ず出来ると思っている。今日しっかりとフィルムを見て、明日チームに伝えるつもり。」

 

茨城

岩下HC

「今日は内容的に言うと、3Pが良く入った試合だったと思います。香川さんのオフェンスもディフェンスも良かったが、我々のシュートが良く入っただけかなと思います。我々のオフェンスは特にターンオーバーの点では全く満足していません。今日はオフェンスリバウンドを良く取れ、シュートも良く入ったので、20回ターンオーバーしてもこういう点差になりましたが、明日また同じようなことをしてるとシュートは水物なので、入らないと苦しい展開になると思っています。第3Qの入り、点差が開いて油断している感じがあったので、すぐにタイムアウトを取り、オフェンスも確かにターンオーバーが多かったが、ディフェンスも緩かったのでここでボールにプレッシャーをかけて我々のディフェンスをしっかりタフにやろうと引き締め、ギリギリのところで相手のオフェンスを止めてその後流れが戻ったので良かったですが、その時間がまさにその通りのものだったと思っています。明日香川さんとやる最後の試合があるので、今日の反省点をしっかりとチームに共有して、またベストゲームをしたいと思っています。他のチームとの対戦を見て、香川のプレスディフェンスに対し、時間を使って攻めるのではなく、プレスに対しての一番のセオリーはレイアップに行くことなので、プレスが来たらチャンスだと思ってとにかくレイアップに行こうという話をしたのですが、それが功を奏したと思っています。レイアップの数もいつもより多く、プレスに対してのアプローチとしても間違ってなかったと思っています。」

 

 

年末にも関わらず会場にお越しいただき、チームに大きな声援を送ってくださった皆様、大変ありがとうございました。スポナビライブでもご観戦いただいた皆様もありがとうございます。

 

1試合目は相手のやりたいバスケットをさせてしまいましたが、今日必ず勝って2016年を良い形で締めくくります!

 

皆様も本日は大晦日ではありますが、是非試合会場にお越しいただき、チームに2016年最後で最大の声援をお願い出来ればと思います!!

 

応援よろしくお願いいたします!!

 

2016.12.30_vs_______.jpg  2016.12.30_vs________.jpg  2016.12.30_vs____AD_.jpg

2016.12.30_vs_______.jpg  2016.12.30_vs_______.jpg  2016.12.30_vs_______.jpgB2_14_20161230_FARR_ROBO_BoxScore-page-001.jpg

 

 

RELATED

関連ニュース

メインパートナー

プラチナスポンサー

ゴールドスポンサー

シルバースポンサー

ゲームスポンサー

オフィシャルサプライヤー