MENU

KAGAWA FIVE ARROWS

MENU

NEWS

HOME>ニュース>GAME>【試合結果】10月22日 ホーム岡山シリーズ vs 島根スサノオマジック 第2戦 

【試合結果】10月22日 ホーム岡山シリーズ vs 島根スサノオマジック 第2戦 

いつも香川ファイブアローズへの温かいご支援、応援、誠にありがとうございます。

 

10月22日(土)にきびじアリーナ(総社市スポーツセンター)にて行われたホーム岡山シリーズ、島根スサノオマジック第2戦の試合結果をお知らせいたします。

 

【試合結果 BOX SCORE】

香川(KAGAWA)58 – 89 島根(SHIMANE)

1Q 17 – 16

2Q 11 – 27

3Q 13 – 25

4Q 17 – 21

 

 

【スターティング5】

香川: #8堀田選手、#13近選手、#18前村選手、#32ウィリアムス選手、#41高田選手

島根 : #5山本選手、#32安部選手、#44栗野選手、#50マーシャル選手、#55横尾選手

 

 

【主な活躍選手スタッツ】

香川

#11タプスコット選手 10得点

#13 近選手 12得点

#19 徳永選手 11得点

 

島根

#00 デービス選手 12得点11リバウンド

#32 安部選手 15得点

#42リード選手 12得点

#50 マーシャル選手 19得点12リバウンド

#55 横尾選手 10得点

 

 

【試合戦評】

■第1Q 17-16

これまで固定だったスタメンをガラッと変えて臨んだ第1Q、#41高田選手の3Pで先制するとその1分後に島根も#50 マーシャル選手の3Pで返す。島根が追加点を上げた後、再び試合が動いたのは残り半分を過ぎてから。香川はうまくパスが回りバスケットカウントや3Pなど良いオフェンスを展開しディフェンスも機能しペースを掴みます。しかし島根のタイムアウト後またしても追いつかれ1点リードで第1Q終了。

 

■第2Q 28-43(11-27)

第2Qも勢いは島根。第1Q終盤の反撃のきっかけを作った#32 安部選手の3Pで先制される。そのまま開始6分間0-15と1点も取れない苦しい状況が続き一気に14点リードを与えてしまいます。残り4分20秒ようやく#8 堀田選手のミドルでこのQ初得点を取りますが、その後もゾーンディフェンスが全く機能せず、島根に中も外も高確率で決められ15点ビハインドのまま前半終了。

 

■第3Q 41 – 68(13 – 25)

後半も第2Qの勢いのまま島根にどんどんと突き放されてしまいます。島根のディフェンスに苦しみ中々得点が続いていかない香川に対し、島根はディフェンスからのファストブレイクやセカンダリーオフェンスでパスを回しノーマークを何度もつくり高確率で得点を重ねていきます。香川も#11 タプスコット選手のバスケットカウントで何とか喰らいつこうとしますが、オフェンスもディフェンスも完全に主導権を握った島根に大量リードを奪われ最終Qへ。

 

■第4Q 58 – 89(17 - 21)

最終Qに巻き返しをはかり、プレスをしかけます。ディフェンスで連続ターンオーバーを誘うと、キャプテンの#19 徳永選手の3Pやバスケットカウント、#13 近選手の3Pなどで点差を縮めることに成功します。しかし島根もすぐにタイムアウトで落ち着きを取り戻し、その後は香川は再びオフェンスを封じられ更に点差を広げられてしまい、そのまま試合終了。

 

2日続けての大敗となってしまいました。

応援してくださった皆様ありがとうございました。早くこの連敗から脱出出来るよう頑張ります。

続けて来週もホーム戦です。高松市総合体育館にて鹿児島レブナイズを迎えて行います。

アウェイで唯一の勝利を挙げた相手です。今回はホームで2連勝してしっかり勝ち越しを狙いたいと思います。

皆様是非会場にお越しいただき、チームに力をお貸しください。

よろしくお願いします!

 

 

■全体

1日目同様第1Qはディフェンスも機能し、オフェンスも上手くパスを回すことが出来てリードすることに成功しますが、第1Q終盤の島根のタイムアウトから7分間無得点の時間が続き、そこから試合をひっくり返されてしまいました。その後はいくつか少々の反撃は見せたものの全体的に島根にオフェンスもディフェンスも攻略され、昨日に引き続き一方的な試合で文字通りの完敗となってしまいました。

 

【観客数】801人

 

 

【HCコメント】

香川

ナバーロHC

「島根チームさんのバスケットは素晴らしいものでした。自分達はバスケットボールキャンプに参加したような試合となってしまいました。スタメンを変えて臨んだのが第1Qの良い起爆剤になりましたが、第2Qで点が全く取れない時間が続いてしまった。あれだけノーポイントの時間が続いてしまうとカムバックするのは非常に難しい。その後も島根チームに完全に我々のオフェンスを抑えられてしまった。会場に来てくださったブースターはいつも素晴らしく、その中でコーチング出来ることはありがたいと思う。早くもっと良い結果をお届け出来るように頑張ります」

 

島根

勝久HC

「良い時間と悪い時間が両方あり、アップダウンの多いゲームでしたが、強敵の香川チーム相手に2試合続けて勝つことが出来て良かった。昨日よりも更に多くのブースターが来てくださり、物凄くチームの力になりました。第1Qは香川にハーフコートオフェンスでペースをコントロールされ、ピックアップのカバレージがついていけず、良いオフェンスを展開され、スロースタートになってしまったが、第2Qからは逆にペースを掴むことができた。これから首位を取っていくためにも勝ち続けながらも成長していかなければいけないと思います。」

 

 

今シーズン唯一の岡山開催で何とか1つでも勝利をお届けしたいところではありましたが、逆に2日間ともに強敵島根相手に大敗の試合となってしまいました。会場にお越しくださった大勢の観客の皆様には2日間ともに大きな声援を送っていただいてのも関わらず、大変申し訳ありませんでした。もう一度自分達のチームを一から見つめなおし、同じような試合を二度と起こさないようチーム一丸となって戦ってまいります。

 

さて今週末もホーム戦です。今回は高松に戻り、お互い唯一1勝を分けあっている鹿児島レブナイズを迎えての対戦となります。

 

これまで続く連敗やこの島根との大敗の悪い雰囲気を払拭するためにも、最下位から脱出するためにもこの2試合は絶対に落とせない試合となります。

 

皆様是非会場にお越しいただき、チームと一緒に戦ってください!

 

応援よろしくお願いいたします!!

 

2016.10.22_vs______.jpg  2016.10.22_vs_______.jpg

 

2016.10.22_vs_______.jpg  2016.10.22_vs_______.jpg

 

B2_05_20161022_FARR_SMAG_BoxScore-page-001.jpg

メインパートナー

プラチナスポンサー

ゴールドスポンサー

シルバースポンサー

ゲームスポンサー

オフィシャルサプライヤー