MENU

KAGAWA FIVE ARROWS

MENU

NEWS

HOME>ニュース>GAME>【試合結果】10月16日(日)四国ダービー第2戦 vs 愛媛オレンジバイキングス

【試合結果】10月16日(日)四国ダービー第2戦 vs 愛媛オレンジバイキングス

いつも香川ファイブアローズへの温かいご支援・ご声援、誠にありがとうございます。

 

2016年10月16日(日)伊予三島運動公園体育館にて行われたAWAY愛媛オレンジバイキングス第2戦の試合結果をお知らせ致します。

 

【試合結果 BOX SCORE】

愛媛(EHIME) 79– 75 香川(KAGAWA)

1Q 24 – 18

2Q 20 – 21

3Q 14 – 22

4Q 21 – 14

 

 

【スターティング5】

愛媛: #13俊野(佳)選手、#16笠原選手、#31岡本選手、#33俊野(達)選手、#41ウィリアムスジュニア選手

香川:#5溝口選手、#11タプスコット選手、#13近選手、#19徳永選手、#41高田選手

 

 

【主な活躍選手スタッツ】

愛媛

#3 バリー選手 10得点

#13 俊野(佳)選手 15得点

#22クロフォード選手 11得点11リバウンド

#33俊野(達)選手 16得点

 

香川

#11 タプスコット選手 23得点9リバウンド

#13 近選手 22得点

#18 前村選手 15得点

 

 

【観客数】635人

 

【HCコメント】

愛媛 河合HC
まずは勝ててホッとしています。接戦を取れたという事が非常に大きいと思います。
連勝できたというよりも、ひっくり返され、ひっくり返したという粘り強さを見せれた点が良かったです。内容としては決して褒められる物ではないですが、ブースターの皆さんにはバスケットボールを楽しんでもらえる内容だったのではないでしょうか。
(ボールを持っている選手は)今日みたいな接戦の終盤で俊野兄弟や外国人選手を探してしまいますが、#31岡本が自分がという気持ちを出してくれたのが良かったです。
特にPG陣の#1中島と#31岡本は香川のPGにプレッシャーを試合中与えていたので
最後の展開でミスを誘発できたと思います。

香川 ナバーロHC
とても悔しいです。チームのプレーとしては自分が伝えた事をプレーの中で表現していたので満足していますが、最後の30秒がきちんとプレーができなかったの負けてしまいました。毎回、勝てそうな展開には持っていけるものの勝ちを逃しているので、最後のところを締めていかないといけないと思います。愛媛も良いチームで準備もできていて、やるべき事をやったとは思いますが、香川が勝てた試合だったと思います。

 

 

【試合戦評】

■第1Q 24-18

試合出だし#13 近選手の3Pから先制する香川。そのまま#11 タプスコット選手も続き連続得点を奪う。愛媛もすぐに本来の落ち着きを取り戻しますが、またしても#13 近選手が2本目の3Pでリードを奪う。両チーム日本人選手がチームを牽引し互角の展開が続く。しかし残り4分の時点で香川はガード陣を交代すると、急にチーム全体で連続してミスが出てしまい、あっという間に愛媛の猛攻を受けリードを奪われてしまう。6点差をつけられ第1Q終了。

 

■第2Q 44-39(20-21)

続く第2Qの出だしも愛媛の勢いが止められず、愛媛#33 俊野(達)選手と#3 バリー選手の連続3Pとバスケットカウントで13得点差をつけられます。しかしこの日は#13 近選手と昨日も活躍した#18 前村選手が連続3Pで愛媛の流れを断ち切ります。第2Qだけで4本の3Pを決める#18 前村選手の活躍で、一度は離れた点差を5点差に縮めて前半終了

 

■第3Q 58-61(14-22)

第3Qも好調の#13 近選手と#18 前村選手を残し逆転を狙う香川。#11 タプスコット選手と#13 近選手の連続3Pで2点差に詰め寄ります。その後もディフェンスを踏ん張り、残り5分を切ったところで第1Q以来、遂にこの試合2度目のリードを奪います。残り4分間はお互いに譲らない展開が続きますが、最後に交代して入った#14 フォーブス選手がフックシュートを決めて3点リードで最終Qへ。

 

■第4Q

最終Qリードを保ちたい香川ですが、愛媛#33 俊野(達)選手に3Pを決められ同点にされてしまう。その後は5分以上入れたら入れ返すシーソーゲームの展開が続きますが、残り1分14秒でこの日も好調の香川#18 前村選手が値千金の3Pをねじ込み3点リード。香川の勝利はすぐそこかと思われましたが、愛媛#31 岡本選手がボールをフロントコートに運んだ瞬間、意表をつく3Pでタイゲームに。更に続く香川のオフェンスで#19 徳永選手が放ったシュートが外れ、そのリバウンドに両チームの選手が飛び込みボールがこぼれたところをまたしても#31 岡本選手に拾われそのままレイアップに持ち込まれてしまいます。残り10秒で最後のチャンスを狙い急いで運ぶ香川でしたが焦りからかパスミスとなってしまい、そのまま試合終了

 

■全体

香川は#13 近選手が22得点の大活躍、そして昨日に続いて#18前村選手が勢いを呼び戻す3Pや終盤でのビッグシュートを決める活躍を見せてくれ、本当に残りあと僅かのところまで勝利を掴みかけた試合でしたが、愛媛の#31 岡本選手のホームを死守するという気持ちのこもった2プレイで天国から地獄に一気に落とされた試合となりました。全体を通して両チームともに流れを掴む場面があり互角の戦いでしたが、最後まで気を緩めず諦めない気迫を持ち続けた愛媛に勝利の女神が微笑んだ結果となりました。

 

 

前日に引き続き、惜しい試合ではありましたが、今期初の四国ダービーAWAY戦は2連敗となってしまいました。この日も本当にたくさんのブースターさんが会場にて大きな声援を送り続けてくださいました。本当に皆さん応援ありがとうございました。

 

 

今週は岡山県のきびじアリーナにて強敵島根スサノオマジックを迎えてのホーム戦となります。

同じ陸続きの岡山ですので、相手島根からも大応援団が会場に駆けつける可能性が大いにあります。

 

県外での開催ではありますが、強敵島根を倒すためには皆様の応援の力が絶対必要です。

 

是非会場にお越しいただき、島根の応援団に負けない応援でチームに力をお貸しいただければと思います!

 

何卒よろしくお願いいたします!!

 

2016.10.16_vs_______.jpg  2016.10.16_vs________.jpg

2016.10.16_vs________.jpg  2016.10.16_vs________.jpg

 

B2_04_20161016_OVIK_FARR_BoxScore-page-001.jpg

メインパートナー

プラチナスポンサー

ゴールドスポンサー

シルバースポンサー

ゲームスポンサー

オフィシャルサプライヤー