MENU

KAGAWA FIVE ARROWS

MENU

NEWS

HOME>ニュース>GAME>【試合結果】10月1日(土)AWAY vs 鹿児島レブナイズ第1戦

【試合結果】10月1日(土)AWAY vs 鹿児島レブナイズ第1戦

いつも香川ファイブアローズへの温かいご支援・ご声援、誠にありがとうございます。

 

2016年10月2日(日)鹿児島総合体育センター体育館にて行われたAWAY鹿児島レブナイズ第1戦の試合結果をお知らせ致します。

 

【試合結果 BOX SCORE】

鹿児島(KAGOSHIMA) 78 – 64 香川(KAGAWA)

1Q 12– 18

2Q 22 – 8

3Q 16 – 15

4Q 28 – 23

 

 

【スターティング5】

鹿児島:#3鮫島選手、#14マドゥアバム選手、#24玉田選手、#41松崎選手、#51安慶選手

香川:#5溝口選手、#11タプスコット選手、#13近選手、#19徳永選手、#41高田選手

 

 

【主な活躍選手スタッツ】

鹿児島

#2マーフィー選手 23得点

#14マドゥアバム選手 12得点

#20ポスチュマス選手 14得点9リバウンド

 

香川

#11 タプスコット選手 23得点

#14 フォーブス選手 12リバウンド

 

【観客数】929人

 

 

前節両チーム共に2敗を喫し、お互いに初勝利をかけて望んだ試合、出だしはその気負いからか、両チームとも硬さが目立ち、オフェンスのリズムが掴めない立ち上がり。その焦りからか、ディフェンスでも両チーム共にファウルが重なります。日本人選手が得点を重ねる鹿児島に対し、香川は中盤から#11 タプスコット選手が連続得点をすると、残り38秒で#18 前村選手の3Pでリードして第1Q終了。

 

続く第2Q、まだまだ攻めの糸口をつかめず5分間2得点しか取れない香川に対し、鹿児島は交代して入った#2 マーフィー選手がスピードのミスマッチをつき、連続12得点で一気に逆転をされてしまいます。香川は#11 タプスコット選手が孤軍奮闘し、反撃を狙いますが、離されたリードを詰めるまではいかず8点差をつけられ前半終了。

 

後半も出だしから中々得点を取れず追撃の機会を伺いながら我慢の時間が続きますが、前半の勢いのまましかけてくる鹿児島の攻撃をファウルでしか止めれず、点差は変わらず最終Qへ。

 

何とか追いつきたい香川は開始1分少々で#41 高田選手と#18 前村選手の3P、そして#14フォーブス選手のインサイドの得点で一気に3点差まで追いつきますが、そこから再び鹿児島のディフェンスに苦しみ、ミスが目立ちます。鹿児島は香川のミスを逃さず得点に繋げてまたしても点差を話されそのまま試合終了。

 

試合全体を通して自分達のオフェンスリズムを掴めないまま、焦りからかミスとファウルが増え、ドンドンと深みにハマってしまう香川に対し、第2Q交代して入った#2 マーフィー選手の連続12得点で一気にリードを奪った鹿児島。香川は第4Q開始早々の最大の反撃チャンスも再び自分達のミスであと一歩掴みきれず、再び落ち着きを取り戻した鹿児島が終始リードを守り試合終了。

 

 

まだまだ自分達のバスケットが見出せてなく、連敗が続いておりますが、来週のHOME開幕に自信を取り戻して望むためにも、今日の第2戦は試合全体でアローズのバスケを展開し絶対に勝利が必要です。

 

 

是非皆様も勝利を信じて本日も応援をよろしくお願いいたします!!

 

 

2016.10.01_vs_________.jpg

2016.10.01_vs___________.jpg

2016.10.01_vs_________.jpg

 

B2_02_20161001_REBN_FARR_BoxScore-page-001.jpg

 

メインパートナー

プラチナスポンサー

ゴールドスポンサー

シルバースポンサー

ゲームスポンサー

オフィシャルサプライヤー